武田塾 驚異の大学合格の秘密

ずっと武田塾にいて指導をしていると、こんなこと普通じゃない??って思うのですが

この前受験相談をしてた時に、「確かにこれは常識外れかもなぁ・・・」と改めて気づいたこと。

 

 

 

 

それは、ハンパじゃない量の宿題をだしていることです。

武田塾は、一週間分の宿題をまとめて出します。

一日の範囲も決まっています。

一日の英単語量は、100個

一週間で400個

大学受験で使う英単語は2000個なので

このペースだと5週間で一周できちゃいます(^^)

 

 

約一か月で一周だと半年で6周できます。だんだん一周できるペースもはやくなってくるので、

シスタンは一年で20周くらいはできるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

ちなみに、私の高校では一年で、英単語帳一冊一周ペースでした・・・

一年で20周と、一年で一周。これは差がつくのも当然ですね。

あの頃の自分に教えてあげたい(><)

 

 

 

 

ちなみに数学は一か月で一冊ペースです。

1日約12題、一週間で45題、一年で2500題です。

 

化学は、問題集にもよりますが、薄い参考書ならば2週間で終わらせます。

 

 

 

 

 

 

つまり「これだけやれば受かるでしょ!!」という量を宿題に出しています。

脅威の大学合格の秘密というか・・・これだけやってればまぁ当たり前というか( ^ω^)・・・

受け身の授業よりも歴然と差がつく、武田塾のやり方で合格をめざしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

参考書の種類にもよりますが、一冊に二~三か月以上かかってしまっている場合は、勉強がうまくいっていないかもしれません。

そういう方はぜひ武田塾に相談にきてください :-) 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ